Higashi kanagawa

English Research Institute

​東神奈川英語教育研究所

無料体験レッスン随時受付中

045-514-5884 / hkmriq@gmail.com

​レッスン中など電話が繋がりにくい場合がございますので、

メールにてお問い合わせください。

東神奈川音楽・英語教育研究所

神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-10-5 3F​

Formation Musicale

フォルマシオンミュジカルとは

音楽と英語のコンビネーションレッスンとは

Combination lessons of Music and English

  当教室では併設の音楽教室と連携し、英語とピアノをともに学ぶことにより、英語力と音楽性の効率のよい習得を実現させる「英語・音楽コンビネーションコース」を提供しております。英語を身に付けるためには継続する力が必然です。どうしたら学びを継続させることができるのか、どうしたら自主的に練習を行えるようになるのか、「英語・音楽コンビネーションコース」によりそれらを楽しく解決でき、確かな英語力とともに音楽性も養うことを可能にします。

          英語は早期教育すれば誰でもネイティブスピーカーになれる
                            英語は聞き流すだけで習得できる
     
  昨今英語がいとも簡単に習得できるというような謳い文句が氾濫しています。しかしながら、私たちは研究論文の分析と経験により、英語が容易に身につけられる方法は存在しないという結論を得ました。英語習得は記憶するだけではありませんし、決まったフレーズの展開だけでは真の会話は成り立ちません。応用力のある英語習得を実現するためにはまず単語学習などを長続きさせ、自主的に復習を進める力が必要です。それでは、努力を積み重ねる力・自学力を身につけ、効率的に英語を習得する方法とはどのようなものなのでしょうか?

  わたしたちは研究論文の分析と指導実績により、英語習得とピアノ習得には強い結びつきがあり、英語とピアノを並行して学ぶことで効果的に英語力を養うことができると考えます。

- 英語習得とピアノ習得に共通するものとは?-

 

  英語習得には努力を積み重ねる力・自学力が必要ですが、ピアノ習得にも同様のことが言えます。ピアノ学習では新しい曲を上手に弾くことができるよう、曲を少しずつ仕上げていきます。まずは読譜から行いますが、ここでは音符がどの音・リズムを指すのか「音符を正しく読むスキル」が必要となり、音符を素早く正しく読めるようになるためには反復練習が大切です。読譜ができたら次はなめらかにそしてより音楽的に弾けるよう、指の動きをある程度体に染み込ませ、先生のアドバイスを取り入れ、自分の演奏を完成させていきます。この段階になると、間違えやすい箇所を繰り返し練習したりと忍耐力と継続力が必要となります。また、先生のアドバイスをもとにご家庭でも練習する、自学力も求められるようになります。ピアノ学習では新しい曲に進むごとにこの一連のステップを繰り返し行っていきますので、ピアノ学習を続けることで自然と「継続力・自学力」が身に付けることができます。

 「英語・音楽コンビネーションコース」では、当教室が長年研究してきたカリキュラムに沿ってピアノと英語学習を並行して行い、最高レベルの音楽性と英語力の実力を養うことを目標とします。ピアノ学習は新しい曲に進み、仕上げることによって習得がより一層実感できますので、ピアノ学習と英語学習を共に行うことで、英語習得に必要な忍耐力、努力を積み重ねる力、そして自学力がより一層効果的に身につきます。そのほか、ピアノ・音楽学習によって耳を育てることで、微妙な英語発音の違いを自ら感じ取ることが可能となり、よりネイティブに近い発音を身につけられるほか、英語を聞いたり発することにより一層大きな喜びを感じるようになります。さらに、ピアノ学習で身につける音符というシンボルに意味を持たせる読譜スキルは、アルファベットというシンボルに意味を持たせることと深く関係し、後のリーディング力・ライティング力習得に効果をもたらします。

 

  ピアノ学習が英語学習に与える効果についてお話ししてきましたが、英語学習によって身についたスキルもピアノ学習に大きな効果を与えます。すなわち、英語とピアノを並行して学ぶことは努力を積み重ねる力や自学力を養い、より効率的且つ効果的に英語とピアノの両方とも習得することを可能とするのです。

​レッスン当日の流れ

​来室

​英語レッスン (45分)

​退室

​ピアノレッスン (45分)

​音楽・英語両立コース(45分)の例

​コース、お月謝については

こちらへ↓